埴輪道

作家「埴輪」のブログです!小説、電子書籍、FF14などの記事を書いてます!※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

【レビュー】ゲームアーカイブスで遊ぼう! ~懐かしきPSゲーム達~・出張版【サガフロ】

小説投稿サイト「カクヨム」で公開中のゲームレビューを、「埴輪道」でもご紹介!

 

kakuyomu.jp

 

 

サガ フロンティア

スクウェア(現:スクウェア・エニックス

通常版:1997年7月11日発売

アーカイブス:2008年11月26日発売

CERO:C(15歳以上対象)

 

  「自由度の高さ」と「戦闘の面白さ」が光る、シリーズ屈指の名作。小林智美氏のイラストや、「イトケン」こと伊藤賢治氏の音楽も魅力。

GBからSFC、そしてPSへ

 「サガ」は往年のスクウェアを代表するRPGシリーズである。当時は「ファイナルファンタジー」や「聖剣伝説」と並び称される看板ソフトで、「フリーシナリオ」や「閃き」といった斬新なゲームシステムで人気を集めた。

 「サガ フロンティア」……通称「サガフロ」は、シリーズ初のプレイステーション作品。グラフィック、音楽、ゲーム性、全てにおいて完成度が高く、シリーズの集大成といっても過言ではない。

  ゲームは個性豊かな7人の主人公(双子・ヒーロー・百合・コスプレ・モンスター・ロボ・ニート)から1人を選ぶところから始まる。メインシナリオは主人公ごとに異なり、主人公の行動によってエンディングが変化するものもある。

  冒険の舞台は、混沌(宇宙的なもの)によって隔てられた世界「リージョン」。リージョンの規模や文化、文明は多種多様で、魔法科学が発展したリージョンがあるかと思えば、現代日本の街並みが広がるリージョンもある……といった具合。登場する種族もヒューマン、妖魔、メカ、モンスターとバラエティに富み、戦闘時は剣に魔法にマシンガン、果てはプロレス技まで飛び出す始末。このなんでもあり感が、サガフロの醍醐味である。

本当の自由

 サガフロは自由度の高いゲームである。メインシナリオは用意されているが、基本的に何をどう遊ぶかはプレイヤー次第。リージョンシップに乗って他のリージョンへ移動するもよし、怪しげな施設に入ってみるもよし、ひたすら戦闘を繰り返すもよし。誰を仲間にするかも、どんな武器を使うかも、どの術を体得するかも、全てフリーダムである。その結果、人によってプレイ内容は大きく異なり、友人との違いに驚かされることもしばしばだった。

 とはいえ、何から何まで自由というわけではない。主人公を例に挙げると、ブルーは双子のライバルが覚えた術を使うことができない。レッドはヒーローなのだが、変身するためにはシビアな条件(仲間が全員気絶中など)をクリアする必要がある。エミリアは機械が苦手なので、メカを仲間にすることができない……etc。

  ゲームである以上、こうした制約をなくすことも可能だろうが、仲間の目の前で躊躇いもなく変身してしまうヒーローの姿に、「ん?」と思ってしまう人も少なくないだろう。こうした些細な違和感の積み重ねは、ゲームのリアリティや没入感を損ねる一因となり兼ねない。本当の自由とは、制約の中にこそ存在している……そんなことを、つい考えさせられてしまう。

連携の妙

 サガフロを語る上で「連携」の存在は欠かせない。技と技とが繋がり、より強力な技へと昇華する……それが連携である。個別で技を出した時よりも威力が向上するので、連携が発動した時の「よっしゃ!」感はなかなかのものである。

  さらに、連携はなぜか技名も繋がる。「エルフショット」+「爆砕鉄拳」=「エルフ鉄拳」などの2連携はまだ序の口で、「集中稲妻エナジーグライダーミサイル」のような5連携を出せるようになれば、一人前だろう。

ココに注目!!

 全ての主人公でクリアすると、「開発部2部」へ行けるようになる。開発部2部では、サガフロの開発に関わったスタッフがキャラクターとして登場し、様々な裏話、ボツネタ、愚痴等を披露してくれる。他にも好きなラスボスと戦えたり、サウンドテストができたりと、クリア後のオマケとしては十分過ぎるほどの内容だ。

 このように、最後の最後までプレイヤーを楽しませてくれるサガフロ。ゲーム業界に未だ横行する「リメイクの波」に、決して呑まれて欲しくないゲームの一つである。

 

mirapri.com

サガオケ!  The Orchestral SaGa -Legend of Music-

サガオケ! The Orchestral SaGa -Legend of Music-